ディーラーでの車の見積もりはオプション無しが良いかも

車の見積もり

 

ディーラーで車を買おうとしている人は、まず見積もりを取ると思います。しかし、誰もが最初から細かい指定をして見積もりを取りません。どちらかというと欲しい車種で決めるので、とりあえずざっくりした見積もりを依頼するものです。

 

この場合、大体ディーラーではオススメするオプションをつけた見積もりを出してきます。結構多いのが一般的にカーナビです。でもカーナビ以外にもオススメとしてつけてくるオプションが多いです。いろいろつけた事で値段も高くなりますが、その後に続けて、甘いささやきがあります。これだけつければ値引きしますといった決まり文句です。これは正直安くはありません。必ずパーツの値段などの裏を取ってから話を進めるといろんな事が見えてきます。

 

ディーラーオプションの落とし穴

例えば、高性能カーペット・コーティング・ナンバーフレーム装飾などのどちらかといえばいらないオプションをつけて、さらにカーナビをつけてこれだけ安くしますというのが定番です。カーナビは大体トップクラスの高いナビをつけてきます。

果たしてこんなグレードの高いカーナビが必要ですか?これも疑問ではありますが、普通の車屋のオートバックス・イエローハット・もしくはネットなどで見積もりを取れば普通に同じグレードのカーナビが半額程度で手に入ります。

車屋はメーカー希望小売価格からすでに値引きした値段で売っているので安いのです。ディーラーでは値引き前の値段をまず見積もり上で見せて、後で値引きしたように見せているだけなのです。要するに、オプションをたくさんつけたら安くすると言っているのですが、実質オプションの中のカーナビの値段が車屋の販売価格に近づいただけであって特に得した割引ではありません。カーナビの値段を安くしたように見せているのが実情です。

 

ディーラーはうちでここまでオプションをつけたら頑張って値引きしますと、お客様目線に寄り添った言い方ですが、実質ここがディーラーの儲けを左右します。だからこそディーラーではオプションをつけずに、自分で車屋で購入してつけた方が安くなります。

しかし、ちょっと気をつける事は車種によってステアリングボタンやバックモニターの変換コードが必要になり、追加料金も発生する場合もあります。しかし、それを前提にしても車屋で買った方が安いのです。

そもそもメーカーオプションではなくディーラーオプションをたくさんつけてくるところがお客からしたらちょっと嫌ですね。まさにディーラーオプションはディーラー売り上げ貢献の戦利品です。

 

スポンサーリンク

ディーラーで下取りした方が最終的にはいいかも?

基本的に無料査定というものは中古車を取り扱う店舗でやっています。3件程度見積もりをとってみるのが良いでしょう。正直どこも変わらない印象です。これは車の状態によるものなので買取価格をあげるのにも限界があり、いくら見積もりをとっても極端に買取価格は上がりません。なので値段交渉をそこまで頑張らなくても良いです。最終的に中古車店舗の見積もりをディーラーに伝えて、ちょっとプラスしてもらうような感じの方が良いです。車を購入する前提で話を進めていればディーラーでも快く話を進めてくれます。

 

どちらかというと中古車店舗は中古車を取り扱うプロなので、客の見定めも早くサバサバしている印象があります。少しでも車をうちでは売らないと感じ取れば、きっぱり連絡がなくなります。中古車店舗では、客の囲い込みとして、この車種なら買いたい人がいるので交渉によっては高く買いますといってくる場合もあります。

 

ディーラーの点検プランは損する場合がある?

稀にディーラーでオススメする点検プランなどがあります。ダイハツで言えば安心パックなどです。しかし、単純に全て点検を受けたことを前提にすれば確かに価格は安いのですが、そこまで必要か?という事を考えてください。3ヶ月に1回点検してエンジンオイル補充無料や半年に1回点検無料など、正直必要ありません。

 

今まで自分が乗っていた車でそこまでしていたかというのも考えてみてください。

街乗りで買い物程度でしか車に乗らない人なら走行距離は短いので点検の頻度も多くは必要ありません。なので個々の車の乗り方で点検頻度は変わります。だから車の点検は勝手にディーラーに決めてもらうものではありません。

例えば、ディーラーで前もってこれだけお支払いすれば定期的に点検して安心できて、しかも安く点検を受けられます。確かに言っている事は間違っていません。しかし、受ける必要性がない点検も含まれているとすれば逆に高くつきます。

 

これなら払えるかも?と思わせる見積もりの出し方

まず初めに毎月このくらいの支払いにしたいと言って見積もりを出すと、頭金とボーナスも含めてくる事が多いです。支払い回数と毎月の支払いを減らす事が出来るからです。支払い回数と生活に支障のない程度の毎月の支払いが具体的にわかると、この年数でこの支払いならやっていけるかもしれないと思ってしまいます。意外に頭金やボーナスといった一時的消費はなんとかなると思い込んでしまいます。何より今欲しい車を目の前にして、目先が優先されて思考能力も低下しがちです。ちゃんと支払いしていけるプランを自分たちで確実に練っておく事が大事です。

 

車を値引きするにはオプションをつけない事が近道

オプションをつければ、オプションからの値引きになります。オプション値引きは安く見せている事がわかっているので損な値引きです。オプションがついた状態で車両本体から値引きをするのはとても困難です。

 

しかし、オプションを最小限に抑えるかもしくはつけない事で、本体から値引きをしてもらうように交渉できます。他に値引き対象が無くなるからです。見積もりの値引きは他店との差別化に繋がりますから、必ず少なからず値引きをしてくれます。

最初にオプションをつけない状態で見積もり交渉を行い、車両価格が安くなった所で必要と思えるオプションを後付けするのが安く買う為の近道になります。

 

サイドバイザーのオプションは本当にいるのか?

サイドバイザーを当たり前のようにつけている人が多いです。ドライブして見回しても大概つけています。

でもサイドバイザーは必要なのか?雨の日でも窓を開ける必要性がありますか?結局スモーカーが煙を外に出す為につけているオプションといっても過言ではありません。

また、車体の雰囲気も変わってくるので車好きの人はつけない人が多いと感じます。何よりサイドバイザーの内側に蜘蛛の巣がはったりして結構汚れが目立ちます。当たり前につけてしまっていた人は、サイドバイザーをつけない事も視野に入れてみたらどうですか?意外に展示車は付いていないので確認してみると雰囲気がわかります。

 

まとめ

ディーラーで見積もりを取る時は、オプションを外しましょう。車を値引きして安く買うには、車両価格を落とす必要があります。その場合、ディーラーオプションをつけない事で車両本体から値引きする事が可能になります。また、実はディーラーオプションはオプションから値引きしていたりしますが安くはありません。