ニトリのビーズクッション大を購入!カバーの洗濯・座り心地・安さを比較

ニトリのビーズクッション

ビーズクッションが欲しいな〜と思って、色々お店を見て回ったのですが、最終的にニトリで買いました。

ビーズクッションも、一般的なホームセンターにあるものは座り心地が固かったり、カバーが外れず洗濯できなかったりで、ちょっとしたところが足りない状態でした。

うちは、子供がいるのでカバーが外れて洗濯で洗えることは大前提です。

めっちゃおしゃれなダイニングテーブルも、落書きし放題のテーブルになり、ベンチシートの椅子はこぼしたジュースやら食べ物やらで、今や原型をとどめない色になり無残な姿になってしまいました。

こんな失敗はしたくありません。

そのため、カバーが洗えて、ビーズクッションの良いところである座り心地とさらに安さを考えると、最終的にニトリになりました。

 

ニトリのビーズクッションは良いのか?無印と比較してみる

色々ホームセンターを見てきたのですが、ニトリのビーズクッションは、ホームセンターのクオリティーには間違いなく勝てます。座り心地とカバーが洗える点でニトリが良いです。

ちなみに、無印と比較するとびっくりするほど値段は変わらないけれど、やはり無印は1000円〜3000円は高くなります。自分たちは3つ買ったので、少しでも安くという願いでニトリのビーズクッションを買いました。

しかし、正直無印のビーズクッションの方が、カバーの色はたくさんあっておしゃれに凝りたい人であれば、少しお金を出しても無印の方が良いかもしれません。

ちなみに、座り心地の感じとカバーを洗える点ではニトリも無印もほぼ同じです。

あとは、値段おしゃれのどっちを取るかで決まるような気がします。

 

スポンサーリンク

高いメーカーのビーズクッションと比較してどうなのか?

ビーズクッションで有名なお店もありますが、自分的にはニトリが良いと感じました。

ビーズクッションの良いところは体が埋まって体にフィットしてくれるところです。

しかし、ビーズの柔らかさは重要です。

座ってみればわかります。

硬すぎると正直ビーズクッションである必要性を疑います。しかも、座り心地は悪くさえ感じます。しかし、逆に柔らかすぎると、一度座ると埋もれ過ぎて立ち上がるのがすごく大変になります。そのちょうど良いところが、ニトリのビーズクッションでした。

高いメーカーは、柔らか過ぎました。確かに横になった時の気持ち良さはありましたが、見事に立ち上がれない状態です。子供は、お店のサンプルに座ってずっと埋まっていました。

 

気付きにくいけどニトリのカバーにはちょっとした違いがある?

正直、デザインも値段もさほど変わらないけれど、ニトリのカバーには色の違いもあるけれど、座り心地を左右するデザインがあります。

もちろんデザインも見た目ではあまりわからないのですが、単色のカバーを選ぶとサイドの布地がしっかりしているので、座った時にビーズクッションが横に引き伸ばされないため硬く感じます。

ニトリのビーズクッションの座り心地単色

少しわかりにくいですが、座った時に体があまり沈みません。

 

しかし、横のデザインがストライプのカバーは座った時に横に引き伸ばされて、ぺしゃんこに潰れます。なので、柔らかい座り心地になります。

ニトリのビーズクッションの座り心地ストライプ

座った時に、無地のクッションより沈み込みます。少し柔らかいイメージになります。

 

買う時に注意して見てください。

 

ちなみにニトリのビーズクッションが臭いのは最初だけ

たまにこんな意見を聞きます。

ビーズクッションが、ちょっとプラスチックのようなにおいで臭いという意見です。確かに、最初にビーズクッションの段ボールを開けた時のにおいは、結構なにおいがします。

しかし、2、3日するとこのにおいも気にならなくなります。

 

まとめ

今回はビーズクッションを紹介しました。

個人差はありますが、自分的にはニトリのビーズクッションがちょうどよい硬さで座り心地が良く、カバーも洗えてしかも安かったのでとても良く感じました。

ビーズクッションを検討している人は、参考にしてみてください。

 

ちなみに、ニトリでたくさん買い物をしたら、ニトリのトラックを借りて無料で運ぶのも良いと思います。

 

あわせて読みたい