健康保険の限度額認定証・高額医療費制度とは

 限度額認定証

 

健康保険とは?

皆さんが必ず入っているものです。種類として健康保険もしくは国民健康保険があります。医療費の負担を軽減してくれる保険です。

 

健康保険

会社勤めする人、もしくはそれに扶養される人が入っています。一般的に健保(ケンポ)と呼ばれたりもします。基本的には、社会保険の中に含まれるものです。会社で入っているので健康保険に関する相談事がある場合は一度会社の総務部に話してみると窓口になってくれます。

 

国民健康保険

上記以外の無職・自営の人などが入っています。一般的に国保(コクホ)と呼ばれたりもします。国民健康保険に関する相談事がある場合は自分の住む役場に話してみると詳細を教えてくれます。

 

基本的にはどちらも医療費を3割負担する事となります。

 

 

スポンサーリンク

医療費が高額になった時の素晴らしい制度

皆さんは知っていますか?

 

意外と知られていない限度額認定証や高額医療費制度というものがあります。

 

これは医療費が高額になった場合に、月々の支払いに基本的な限度額(上限)が決まっていてそれに総医療費から特定の金額を差し引かれた金額の1%が加算されるもので、その加算分は正直かなりの少額になるのでほぼその基本的な限度額以上は負担されると思っていいくらいです。なのでそれ以上は払わなくてよいものになります。ある一定金額を超えたらそれ以上は医療費がほぼ上がらずほぼ一律という事です。

 

ちなみに月々の支払い限度額はその人の月の所得に応じた限度額が決まっているので給料が多い人は上限が高く設定されていて、少ない人は上限が低く設定されています。

 

自分たちの場合は(限度額認定証を事前に提出)

一般層で月収28万〜50万の中に入るので

80,100円+(総医療費ー267,000円)×1%

になります。

 

わかりやすくすると総医療費が1,267,000円かかったとしたら

80,100円+(1,267,000円ー267,000円)×1%

結果、90,100円です。

 

ということは

 

1,267,000円かかるところ

 

なんと!!

 

90,100円で済むということになります。

 

これがすごいところですね。

 

ちなみに病院の明細は月単位で締めが来るので、その月ごとに計算されます。それにしてもうちの場合は1ヶ月半くらい入院して総医療費が100万円オーバーしましたが、結果少額で済み、医療保険の給付金を含めると逆に少しプラスでした。

 

 

以下が所得別の限度額認定証計算式になります。

月収83万以上の場合

252,600円+(総医療費ー842,000円)×1%

 

月収53万〜79万の場合

167,400円+(総医療費ー558,000円)×1%

 

月収26万以下の場合

57,600円以上は一律、この額

 

限度額認定証

限度額認定証を健康保険会社に前もって依頼して発行してもらえば、支払いの際それを提示する事でその場で免除された金額に計算し直してくれます。なので最初からお財布に優しい金額での支払いが可能になります。

 

ちなみに妻が入院の時に使いましたが、自分の所に届いた認定証はハガキ位のサイズで、退院後に返却しました。使用後、必要なくなったら返却する事が決まりです。有効期限があるのでそれまでに返却しましょう。

 

高額医療費制度

一度全ての医療費を払い終えてから限度額を超えた分(支払い過ぎた金額)が後ほど戻ってきます。その為、最初の支払いは全額自己負担しなければならないので一時的にお財布がきつくなります。お金に余裕がある人はこっちでも構わないと思います。

 

まとめ

限度額認定証と高額医療費制度はとても素晴らしい制度です。まず知ってください。大きな病気にかかって入院したとします。多額の医療費がかかっても焦らずこの制度を利用して、医療費を安く抑えましょう。