最強クールシャンプー、ボディーソープ、フェイスペーパーで夏を乗り切ろう

クールシリーズ

 

今年ももうすぐ夏がやってくる。この時期になると晴れた日は気温が上がり、時に夏日和となります。まだ慣れないせいかちょっとした汗でも不快感を感じる季節です。

 

やってきた定番のクールシリーズで夏支度

 

実は一番のオススメはギャツビーの洗顔ペーパーです。手っ取り早く使えて一番爽快感があります。汗をかいた顔を拭くとなおさらシャキッとします。

 

クールシャンプーはやはりトニックか

クールシリーズ

やってきましたトニックシャンプーの夏。

 

SEABREEZE(シーブリーズ)や他のクールシャンプーをいくつか試してきたけれど、トニックシャンプーの破壊力には勝てないです。爽快感に限りますが、髪のメンテナンスには向かないかもしれません。ただ夏の暑い時期には必需品です。爽快感がないとお風呂上がりに頭皮にまた汗をかいてしまう事があるのでやっぱりクールシャンプーの方が清潔的なんです。

 

自分の使い方はまずシャンプーを手に取り頭をガシガシ洗い、洗い流さず数分置きます。その間に体を洗って、洗い終わってから頭を洗い流します。そうすると頭がスースーしてとても気持ちよいです。夏はこの感じがやみつきになります。ちなみに頭は2度洗いの方が効き目は強いです。最初の1回目は表面の汚れを落とす感じで泡立ちが悪く、2回目でようやく細かい泡が立ち頭皮に馴染む感じがあります。

 

前に全身爽快になりたくてトニックシャンプーで全身洗ったら、お風呂から出た後寒すぎて大変な事になりました。しかし、それだけクール感は強いのだと思います。ですが、トニックシャンプーは頭に使用する特性上、体に使用すると泡切れが悪く洗い流しに時間がかかります。少しねっとりまとわりつく感じも残ります。なのでボディーには基本的には使用しない方がいいと思います。ちなみに緑色のトニックシャンプーもあるのですがそちらの方が自分的にはより爽快感がありました。ちなみに数年前の方がスースー感は強かったように思います。ちょっと改良されたのかな?

 

スポンサーリンク

クールボディーソープは控えめに?

クールシリーズ

やってきましたメンズビオレフレッシュミントボディソープの夏。

 

こちらは通常タイプにはなるのですが、ミント系なので少しクール感があり、爽やかな香りが良い感じです。ボディーソープを最強にしてしまうとトニックシャンプーで体を洗った時のような冷えすぎ感が残るので、体は冷え過ぎないくらいの程よい爽快感でこのあたりがちょうどいいです。

 

しかし、夏なのでもっと最強にスースーするくらいのクール感や爽快感を味わいたい人にはこちらでクールボディソープ比較の記事を書いていますので参考にしてみてください。こちらの記事では最新のクール商品を使用しています。正直使ってみてびっくりでした。最新のボディーソープは爽快感に容赦なかったです。

 

クールフェイスペーパーはギャツビーに限る

クールシリーズ

やってきましたギャツビーアイスタイプ(超クール)フェイスペーパーの夏。

 

これは特にオススメで重宝します。仕事場や外出先でとにかくリフレッシュしたい時に使用しています。眠気覚ましにもなります。

 

ちなみにアイスタイプ(超クール)です。アイスタイプと通常タイプの見分けがつきにくく、商品上部に小さく記載があるのですが、見落としやすい感じです。間違って通常タイプを買った事もあります。

 

後はパッケージにも表示があり、こちらの物はは表示上は超クールにあたります。その上にMAXクールもあるのですが、香りや爽快感でいえばこの超クールの方が断然気持ち良さがあります。

 

例えるとするならば、ガムでありがちなクールなミントの爽快感なら美味しく感じますが、それを超えてくると美味しいというよりは辛口といった感じがしますよね。その辛口になったのがMAXクールという感じがするのです。

 

MAXクールは、肌の強い人なら感じ方が変わるのかもしれませんが自分はちょっと爽快感というよりはヒリヒリ感が残りました。ちなみにこのアイスタイプのボディーペーパーもあるのでそちらもとても良い感じです。

 

個人的にはギャツビーアイスタイプ(超クール)フェイスペーパーが一番のお気に入りで仕事の合間、夏のお出かけなどでよく使います。夏のレジャーシーズンには重宝します。これからならフェス・バーベキュー・海水浴・プールの時などにいいと思います。

 

まとめ

夏の暑い時期でも、暑苦しい男ではなく爽やかな男子になりましょう。クールシャンプー・クールボディーソープ・クールフェイスペーパーで夏を楽しもう。自分は一日の汚れをさっぱりクールに洗い流すこの瞬間がちょっとばかり楽しみになっています。夏が来たって感じがします。